08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

ある意味、慣れた。(開き直り) 

先日の件が解決しないまま、とりあえず作業を進める。
2コーラス目までの土台は完成しているので、ドラムとかベースとか細々とした部分のアレンジ作業です。

作業を進めていたところ、作曲で使ってるCubaseというソフトが
たった12トラック(楽器の数だと思ってください)程度で、
「フリーズ→強制終了→データ消失」という、いつもの必殺コンビネーションが炸裂しました。
どゆことー。

制作を進行させて行く内に使用する楽器も徐々に増えていきます。
その分、楽器の音を出すソフトが多重起動していきPCに負荷が増えていきます。
高音質な音源ソフトほど、PCへの負荷も増大します。
ひどいのになると、1つの音源を起動するだけでPCたんが悲鳴を上げます。

PC内部ではリアルタイムで音源ソフトがMIDIデータを音に変換しているのですが、
あらかじめ、音自体に変換(バウンス)してあげることでソフトの演算を止め、PC負荷を軽くするという
フリーズ機能という便利なものがあるのですが、なぜかこれを使っても解消したことがない(;´Д`)

昨年末の3曲目制作時にも同じ症状に悩まされ、苦肉の策として以下のように対処しています。

1.それぞれのパート(リズム系、メロディ系、その他など)を分割して、別々のプロジェクト分ける。
2.パートごとにバウンスして、他のプロジェクトに貼り付ける。
3.バウンスしていないパートをアレンジ。
4.アレンジ後にバウンスして、それを別プロジェクトへ。
5.楽器同士の兼ね合いが変になってないかチェック。問題を発見したら3.に戻る。
6.最終的にすべてのパートをバウンス。
7.ミックスプロジェクトを新しく作り、そこからミックス作業に入る。

という超絶面倒臭い方法を取らなくてはなりません。
面倒だからといって、微妙な音源で済ましたりといった妥協したくもないし・・・。
切実に64bitのPCに買い直したいです。
スポンサーサイト
2012/02/09 Thu. 23:53 | trackback: 0 | 本文: 4edit

コメント

>7th-labさん

貴重な情報ありがとうございます!
なるほど、各トラックをまとめてバウンスするのにも名称があったのですね・・・。
最初はマルチティンバー形の動作が軽い音源を使ってMIDIを組み、
ある程度土台が完成してきたらトラックを独立させ、ステムトラックと専用音源のプロジェクトを立ち上げているのですが
やはり音源が違うとフレーズ自体もまた再調整したくなるんですが、バウンスしたトラックとの兼ね合いがががgみたいな状況になりますよねぇ。

レイテンシ対策の意味合いも含め、MIDIの各種パラメータ調整が全て終わったあとは、
エフェクトやEQを全て無効化した状態で各トラックを単品でバウンスし、そこからミキシング作業に入ることで
PC負荷を気にするのは編曲工程までに抑えているのですが、それでもストレスは拭え切れませんねぇ・・・。

もう少しDAWの仕様などを調べて工夫していきたいと思います!ありがとうございました!

Full(Old) #- | URL | 2012/02/11 17:07 * edit *

>のぞむさん

大体フリーズは前兆として何かしら挙動が怪しくなるのでその気持ちすっごい分かりますw
ちょっと再調整するときとかすごく面倒なんですが、今のところこの方法しかないので
色々工夫して負担減らせるようにがんばってみます(`・ω・´)

Full(Old) #- | URL | 2012/02/11 16:52 * edit *

お邪魔します。やってますね。

各パート若しくはグループ別にバウンスする手法またはそのトラックを、ステムトラックと言います。
ステムトラックの使用は、PCの負荷を軽減するためには非常に効果的である反面、ステムトラックはエディットできないという物理的条件があり、ミキシング時やマスタリング時になってからトラックの練り直しという面倒な作業を強いられることも。

ワークシートを複数駆使して、ステムトラックを差し替えながらができるだけ簡単にできる環境で作業したり、あるいはEQを積極活用したり。
方法論はいくつかありますので、まずはいろいろ試してみることをオススメします。

当方は、ボトム、弦orパッド系、リードorシンセ系、くらいのステムトラックを最終的に作ります。打ち込みのシーケンスはディレイやリバーブを多用するので、ステムにはまとめずに最後までいきます。もちろんギターソロやヴォーカルがあるときは、そのトラックもステムにはしません。

様々な方法があるので一概には言えませんが、当方は基本的にそのようにしています。
Logic Proも比較的ハングアップするんですよ。強制終了まではいかないのでデータ消失はないのですが、やはりPCへの負荷は小さい方がいいですよね。

異常参考になれば。長文失礼しました。

7th-lab #- | URL | 2012/02/10 23:35 * edit *

慣れちゃったんですかwさすがです。
私も先代PCに散々荒ぶられて一時期DTM嫌になりました。
「ちょっ!とりあえず落ち着いて!君ならいける!」とPCに言い聞かせてました。勿論効き目はありません(^_^;)

大変な解決策ですね…。頑張ってください!

里塚のぞむ #- | URL | 2012/02/09 00:05 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/197-90f70fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。