08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

Cubaseチャンネル仕様や、エフェクトの順番について 

ブロともさん数名が最近Cubaseを使われ始めたそうなので、
触発されてCubaseのチャンネルのちょっとした仕様を紹介。

まずは実際にCubaseのチャンネル画面を見てみます。
(取説によると、正式名称は「VST出力・FXチャンネル設定ウィンドウ」というらしいです。なんのこっちゃ。)

チャンネル
(画像クリックで拡大)

すごく簡単に説明すると「ここから出てくる音をどんな音に設定しますか?」という設定画面。

一番左の「Insertセクション」がプラグインエフェクト(効果を付け足すもの)を挿す棚のようなものです。
1番から8番の棚にまで計8種類のプラグインエフェクトを同時に掛けれます。
i1からi6に、上から順番にエフェクトが適用されていきます。
i7とi8は微妙に色が違いますが、ここの役割については後述。
有名なエフェクトでは、リバーブ(残響)、ディレイ(山彦)、ディストーション(歪み)、コンプ(圧縮)などなど。
プラグインエフェクトというと、効果音を付けたり音質を変えるだけのように思えますが、
スペクトルアナライザーだとかバイノーラルシミュレータだとか、音をチェックする用途のプラグインもここに挿します。

次に、真ん中の緑色の図形みたいなのがイコライザセクション。
ここでは「EQ」と略されています。音質を変化させるものです。
「もっとスッキリさせたい」「わざとモコモコした音を作りたい」「音のおいしい成分だけ強調したい」など、
元の音を自分の好みの音質に変化させるために調整する機能を持っています。
プラグインエフェクトにもイコライザが沢山ありますが、ここのイコライザとの使い分けについても後述。

「Sendsセクション」については説明がなが~くなっちゃうので省略。
ざっくりいうと「こことは違うチャンネルにこのチャンネルの音を飛ばすよ!」という機能です。

そして一番右が「フェーダーセクション」(念のために取説を見て、今初めて名前知りましたw)。
音量やパン(音を左右に振る)の設定をします。
(オートメーションのON/OFFや、Insert・EQ・Sendesのバイパスボタンなどもココにあります。)

以上がCubaseのチャンネルにおける各セクションの機能概要。
次にチャンネルの仕様についてちょっと触れてみたいと思います。


この各セクションには、実際に音に反映されるタイミングみたいなものが存在します。
その順番とは、「i1~i6」→「EQ」→「フェダー・パン」→「i7~i8」です。
・・・文章だと訳が分からないので図解↓

チャンネル説明

この順番で、音が変化していきます。
実際にここで設定している音の変化を表すと、
「コンプで音量を整える」→「EQで低音をばっさり削る」→「音量を-15.5dbにして中央から音を出す」→「最後にリバーブを掛ける」
という流れになっています。

「順番って何か重要なの?同じエフェクトなんだから結果は同じじゃね?」って思うでしょう(数ヶ月前の私のことです。)
全て文章で説明すると面倒なのでイメージ画像↓
 ①・・・原音。輪郭はっきり。
 ②・・・①にリバーブを掛けたもの。輪郭ぼんやり。
 ③・・・①にイコライザを掛けたあと、リバーブを掛けたもの。削り目もぼんやり。
 ④・・・②にイコライザを掛けたもの。リバーブごと削れている。
イメージ

リバーブというのは残響音なので、本来は録音中の部屋の残響を擬似的に付加するものです。
あえて③と④の違いを私的に解釈するならば、
 ・③の音は「原音が最初っから削れていました!(キリッ」という感じ、
 ・④の音は「録音した後に後から機器で加工したよ!よ!」という感じ。
どっちが良い悪いという訳でもないので、自分が好きな加工方法を試してみるといいと思います。

特に注意したいケースを1点挙げます。
i7とi8に、ダイナミクス系(コンプやマキシマイザなどの音量系)のエフェクトを挿す場合です。
i7とi8はフェダーセクションより後に適用されるので、
フェダーセクションにある「クリップサイン(音割れしてるよ!っていう赤いマーク)」が反応しないのです。
自分も最初の頃はこの落とし穴に見事にハマり、
「クリップサイン出てないのにめっちゃ音割れてる!Cubaseバグってるやんwww」とか思ってました。
バグってるのは取説も読まない私の頭です、本当にありg(ry
(だって取説1000ページ以上あるんだもん・・・(´・ω・`))
勿論、ダイナミクス系以外でも、ゲイン設定が出来るエフェクトなどの設定によっては上記の現象が発生します。

どうしても「i7にダイナミクス系を挿したいけれど、もしかしたら瞬間的に音割れしてるのか不安・・・。」という場合は、
i8にアナライザ(音量や音質をチェックするプラグイン)を挿し、クリップしていないか判断した方が良いと思います。
フリーでオススメのアナライザは「Inspecter」。ここに紹介記事をちょっと書いてます。
マスターチャンネルのi7とi8の両方にダイナミクス系を挿したい場合は・・・・・・諦めてください(つД`;)
(まぁそんな状況はまず有り得ないと思いますが。)

逆にいえば、「EQセクション未起動、フェダーセクションもまったく設定を動かしていない」という状態以外では、
アナライザ系はi7かi8に挿さないと、全然意味が無くなりますのでこれもご注意を。

以上、Cubaseのチャンネル仕様について、初歩の初歩までですが説明させて頂きました。
スポンサーサイト
2012/03/12 Mon. 23:18 | trackback: 1 | 本文: 9edit

コメント

うっわ汗 いまさら確認でしたが
日本語のありました汗
knowledge とかいうやつをその取説と勘違いしてました汗
日本語無いと思って諦めてたという。。。。

いままでさんざんネットあさっていたのはなん・・・
いまごろ取説読み始めます

・・・

ものすごくがくっときたです・・・
はやく見ておけばよかった・・・

ありがとうございます・・泣

あるく #- | URL | 2012/05/12 23:47 * edit *

>あるくさん

自分のも海外版なんですがちゃんと日本語PDF付いてましたよー。
Ver6.5で仕様が変わっちゃったんですかねぇ・・・(´・ω・`)

以前は紙媒体だったらしいですが、
ページ数も合計1000超なので原稿はPDFしか無いらしいです。。。

Full(Old) #- | URL | 2012/04/15 23:20 * edit *

PDFですか(・∀・;)・・

残念ながらあるくのPDFはすべてドイツ語なんですよね・・

理由はお察しの通りです・・(;∀;)
ちゃんと日本ヤマハで注文したつもりだったのになあ・・
輸入版の回避はしたつもりでしたが
まさかリンクが日本語のドイツ社とは気が付かず・・

サポートももちろんドイツ語or英語です・・(;∀;)

あるく #- | URL | 2012/04/14 15:01 * edit *

>あるくさん

自分は攻略本等は買ってないのでCubase付属のPDF取説しか持ってないですよー。
Cubaseのメニュー欄にある「ヘルプ」→「電子マニュアル」から各取説が呼び出せます。
自分が最初よく読んでいたのは、
・簡易取説【クイックスタートガイド】(80P)
・メインの操作取説【オペレーションマニュアル】(762P)
・Cubase付属のVST取説【プラフインリファレンス】(128P)
・マルチティンバー音源の取説【HALionSonicSE】(52P)
ぐらいでしたねぇ。と言っても未だに使い方よく分かってないですけどねw
あとはハードウェアとかの接続説明だったりなので読んでないです(´・ω・`)
> 勝手にいろいろ拝見させて頂きます(^∀^;)

Full(Old) #- | URL | 2012/04/13 12:15 * edit *

なんて分かりやすいんだ(T∀T)

あるくの取説は250ページちょっとしかなくて
それもけっこう大事なところの割愛が多いのですが

何という本ですか? 別途で買いました?

そしてものすご~く参考になりました
勝手にいろいろ拝見させて頂きます(^∀^;)

あるく #- | URL | 2012/04/12 23:21 * edit *

あのリバーブの図はあくまでイメージなので、実際に耳で確認するのが一番です(・∀・)
対比し易いようにパキッっとした絵にしたのですが、実際はそんなに違和感ないと思います!
イコライザの調整値にもよりますがw

私の知識の及ぶ範囲であれば、お答えさせて頂きますのでその時はよろしくお願いしますね。
ブログ記事のネタに飢えてます(;´Д`)

Full(Old) #MJ.8oQaI | URL | 2012/03/17 07:11 * edit *

おおお!
しっかりまとめられてて、勉強になります!
反映の順番のイメージがすごくわかりやすい・・・
メモ取らせてもらいましたw
ありがとうございました!

me~ro #- | URL | 2012/03/16 00:12 * edit *

>のぞむさん

エフェクトの順番で自然な感じを演出するには、
よく「実際の録音などで音が処理されていく順番を考えるといい」と色んな本やサイトの記事で見かけます!

例えばピアノを録音するなら、最後に音が影響するのは部屋鳴りなので、
最初はイコライザやコンプなどで出音を調整して、リバーブは最後に掛けるとかですね(・∀・)
エレキギターなんかはアンプに内臓されているスプリング系リバーブなどで音作りをしたりするので、
またちょっと勝手が違ってきますが・・・。
下記のサイト一番下に詳しく書いてあったので、ご参考までに!

http://wikis.jp/free_dtm_vip2/index.php?%A5%DF%A5%AD%A5%B7%A5%F3%A5%B0%B4%F0%C1%C3#p59e2c9b

Full(Old) #MJ.8oQaI | URL | 2012/03/13 19:38 * edit *

タイトルにホイホイされて来ました!
今、エフェクト周りで悩んでいるところでしたので助かります( ´ ▽ ` )ノ
i1やらi2やらって、ちゃんとかける順番として機能してたんですか! …思いついた順番に挿してました。

説明書読む前にググる人間なのでFullさんが書いてくださるとかなり助かります。
自分で勉強しないと、って思うんですけどね(笑
よしっ!今からいじってみよう!

里塚のぞむ #- | URL | 2012/03/13 18:37 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/206-2ce750ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-】

ブロともさん数名が最近Cubaseを使われ始めたそうなので、触発されてCubaseのチャンネルのちょっとした仕様を紹介。まずは実際にCubaseのチャンネル画面を見てみます。(取説によると、正...

まとめwoネタ速suru | 2012/03/18 10:39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。