10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

自分なりのUTAU打ち込み(ベタ打ちまで) 

ちょっと友人がUTAUで面白そうなことやってみてるので首突っ込んでみた。

そこでちょっとお手伝いをしようとUTAUの歌唱データ(.ustデータ)を作ろうとしたんですが、
UTAUはMIDIがとても打ち辛い。

本気で挫折しかけました。
よくよく見てみるとMIDIデータ読み込めるみたいで、
「なるほど、MIDI打ってUTAUに読み込ませればいいのかー♪」とか思っていざ読み込ませたのですが、
歌詞の打ち込みもとても面倒くさい。

更に調べてみると、どうやらボカロの歌唱データ(.vsqデータ)だと歌詞まで読み込めるらしい。
しかし更に問題が。
ボカロエディタ3だと.vsqxだから読み込めない・・・(;´Д`)

ってことで、自分なりにやりやすかった「ボカロ3エディタ使用者における楽なUTAUデータ制作方法」紹介。


【用意するもの】
・MIDIシーケンサ(dominoとか。使い慣れたDAWでもいい。)
・Vocaloid3Editor(以下、V3E)
・Vocaloid2Editor(以下、V2E)
・はちゅねのないしょプラグイン「importV3」
・UTAU

【手順】
1. MIDIシーケンサでMIDIデータを打ち込んで「.mid」で吐き出す。
2. 上記で作成したMIDIをV3Eに読み込み。
3. 「歌詞の流し込み」で一気に歌詞入力。V3Eなので当然「.vsqx」形式で保存される。
4. はちゅねのないしょプラグインの「ImportV3」を、V2Eで上記の「.vsqx」を読み込む。
5. V2Eで保存すると当然「.vsq」形式で保存される。
6. UTAUで上記VSQを読み込む。

【その他ケース対処法】
・MIDIシーケンサ使ったことありません。
 →頑張ってボカロエディタで打ち込む。
 (ボカロエディタはMIDI打ち込み機能がしょぼいのでちょっとツライ)

・V2Eしか持ってないお。
 →手順5.から始めればおk。
 (上記でV3Eを通してる理由は、トラックコピペとかコーラス作成がV3の方がやり易いから)

・V3Eは持ってるけど、V2Eとか古臭いの持ってないっす。
 →「Cadencii_v3.5.1」ってソフトなら、VSQX→USTに一気に変換出来る(らしい)。
 (自分の場合、UTAUで読み込む時に何故かエラー吐いた)

・そもそもボカロ持ってないお(^ω^)
 →「Cadencii_v3.5.1」ってソフトな(ry

・はちゅねのないしょって何?
 →V2E使用者なら、ggると幸せになれる。

以上です。
ベタ打ちまでとなりますが、UTAUの細かい調声方法は守備範囲外なので分かりません。
スポンサーサイト
2012/06/10 Sun. 23:54 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/235-0c407961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。