08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

個人的ボーカルオートメーションのチラ裏メモ 

前回ボーカルコンプの設定で、条件に「いつもやっている設定の手順は踏まない」と書きましたが、
じゃあ実際にはコンプ以外に何をやっているのかというと、
オートメーションという「再生中に予め設定した通りにパラメータに動かす」という処理を行っています。
これを俗に「手コンプ」、「フェーダーワーク」と言ったりします。
特にボーカルなんかでは曲中に音量をグリグリ動かすことが多いです。

楽曲のミックスを行っていると、ボーカル以外でもほとんどのトラックでこれを行います。
今回はボーカルのオートメーションにおいて気をつけていることを、
ざっくり箇条書きで書いていきます。
ほぼ独学の個人的な経験談ってだけなので、間違っている部分も多々あるかもしれません。
「こいつはどんな風にやっているか」って目安程度に捉えておいてください。
以下、チラ裏。

・最初はザックリとリアルタイム書き込み。その後にオートメーションのラインをマウスで微調整。

・オートメーションはゲイン系のプラグインで書く。
 (チャンネルのボリュームに書くとフェダーが拘束される為)

・上記プラグインのインサート順は用途に分けて変える。
  1.オートメーション→コンプ …コンプのノリの調整(持ち上げor叩く)
  2.コンプ→オートメーション …抑揚、味付け(ボリューム)

・抑揚を調整する場合は、テンポのグリッド線を目安にする。

・サビ/メロや、サビ/大サビ等のパート毎の音量差はオートメーション上で無く、
 サーチュレータやコンプのゲインで設定する。
 (音質が大きく変わってしまう場合は、オートメーションで全体を若干持ち上げる)

・音量変化を不自然にしないためカーブは出来るだけ滑らかに書く。
  (DAW普及以前のフェダーワークは人間の指で行っていた。つまり階段状の高速な変化等は厳しい)

オートメーション

・実際に発声が不可能な音量変化は行わない。

・マイク距離による音質変化がある場合は、無理に持ち上げない。
 (音質に距離減衰が掛かっているのに音量が大きいと違和感が出る)

・ボーカルにおけるオートメーションは、
 音量以外にもリバーブのセンド量やステレオイメージャー系にも効果的。


以上、チラシの裏でした。
ご質問、間違い指摘のアドバイス、感想等ありましたら是非コメント欄まで。
コメント返信率100%がこのブログの唯一の自信です・・・ (;´Д`)
スポンサーサイト
2012/09/24 Mon. 00:30 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/260-16384eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。