07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

DTM的ドラム入門【ドラムのリズム構成編】  

前回の記事でビートを紹介するとか書いちゃったので、
基本的なビートのパターンをだらだらと書き殴ります。
基本的なドラムの音の確認だとか、叩き方の考え方だとかは以前の記事をご覧ください。

一般的な楽曲ではリズム(ビート)を刻むパートと、それらを繋ぐフィルから構成されています。
それら2つの代表的なパターンを数個覚えれば、あとはアレンジするだけでドラムっぽくなります。


それでは早速、8ビート。






ロックやポップスなど幅広いジャンルで使われるビート。
ドラムのリズムと言えばこれ。

続いて2ビート。






パンクやハードロック何かでよく耳にする疾走感あるビート。
2分音符を基とした(ryとか難しく考えず、
8ビートでスネアを叩く回数を2倍にした感じって覚えればいいです。

お次は16ビート。






ちょっとオサレ感を漂わせてます。こちらも幅広いジャンルに使えます。
こっちは逆にハイハットが2倍です。
1回目のサビが終わったあとの2回目のAメロで、
メロディ楽器を抜いてドラムで16ビートだけを刻んだりして、
「歌メロディは同じだけどリズム変化あるから飽きないだろ!(ドヤァ」とかよくある展開ですよね。

とりあえずビートはこの3つを覚えれば何とかなります。
各ビートの効果的な使い方とかは、言わずもがな普段聴いてる音楽でかっこいいと思う部分を参考にします。

次に「フィル」というリズムとリズムの繋ぎをする装飾音の紹介。

まずは定番のスネアの連打を聴いてみます。






単純にスネアを連打するだけです。
しかし聴いて頂くと分かる通り、同じようにスネアのみを叩くだけでも、
アクセントをどこに置くかだけで印象がガラリと変わります。
ちなみにここで打ち込んだフィルなのですが、
当時厨房だったFull少年が近所の商店街のおっさんから教えてもらったフィルです。
懐かしい。。。


次はタムを使ったフィル。






ロール、つまり回すことです。日本語的に言えばよく「タム回し」とか言われてます。
シンプルに高い音~低い音に順番に叩くだけでも面白いですが、
叩く順番やタイミングで変化を付けたパターンが沢山あります。

そしてこれはフィルというのか定かではありませんが、ついでにブレイクも紹介。






リズムを一旦停止することで、インパクトを付けます。
他の楽器なんかも同時にストップさせることで楽曲が引き締まるとかそうでもないとか。


最後にこれらを踏まえて適当にリズムを作ってみます。
Full(old):ドラムパターン応用

これだけでもドラムっぽい感じがしてきました。
変な部分もありますが気にしない

最後に念のため言いますが、
私ドラマーでも何でもないので信憑性には責任持てませんから(゚Д゚)クワッ

という投げっぱなしブレーンバスター状態でこのドラム記事を終わりにしたいと思います。
お付き合い頂きありがとうございました。
それではより良いDTMライフをノシ


PS.答えられる範囲であればご質問には答えますので許してくだしあ。。。orz
スポンサーサイト
2012/10/09 Tue. 21:00 | trackback: 1 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/268-6f5c5b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【DTM的ドラム入門【ド】

前回の記事でビートを紹介するとか書いちゃったので、基本的なビートのパターンをだらだらと書き殴ります

まっとめBLOG速報 | 2012/10/23 13:38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。