06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

Cubaseにおけるドラムトリガーのミックス【前置き編】 

暇ができたらブログを更新しよっかなー♪と思っていたら4か月経っていました。Full(old)です。
サボり癖がついてしまうとすぐに書かなくなっています(´・ω・`)
なので空いた時間を取り戻すべく、ちょっと長文の記事を書いてみようかと思ってます。

今回はドラムのミックスについてちょっとマニアックなネタです。

以前よりメタルやコアなどの重いドラムを作ってみたいなーと思っていたのですが、
いざドラムの音作りをしてみると何か味気ない感じになってました。
スネアが\ドコーン/って鳴って、バスドラが\ベチーン/みたいな特有の「あの音」にならないのです。
EQやらコンプやら試行錯誤しても上手くいかず諦めてました。。。

んで話変わって、先月ぐらいにミックスの勉強をしてみようかと思い、
知人に参考になるものを色々と教えて貰い、コア系ミックスのハウツー動画を見ていました。
海外の動画だったのですが、私は恥ずかしいレベルで英語が苦手なのでサッパリです。
映像と音の変化のみを頼りに必死に追いかけてました。
そんな事情も構いもせず、すごい勢いでテキパキと音を処理していくイケメン白人兄ちゃん。
以前より気になっていたドラムミックスの場面に差し掛かっても、その速度はまったく落ちません。
数分後にはいい感じに音がまとまってきたのですが、イマイチ派手さが足りません。
「あれ?今回は大人し目なのかな」と思っていた矢先、

( ´_ゝ`)「Let's paste sampling sound.」

思いっきりトリガー使っとるやんけ!(゚Д゚) と今更ながらに気付いたFull(old)でした。

トリガーとは・・・
ドラムのバスドラやスネアやタムに取り付け、振動をキャッチする機材。
その振動を電気信号として音源モジュールに送り、サンプリング音源を再生する。
簡単にいうと「生ドラム叩いたら電子ドラムの音も一緒に出て(゚Д゚)ウマー」ってなる装置。


その動画ではDAWはProToolsを使っており、サクサクと作業を進めていました。
「これCubaseで出来たら楽だろうなー」と一念発起し、
友人と一緒にあれこれ考え、その方法に似た手法を再現することができたので、
このブログに書いていこうと思います。

多分自分がそうだったように、
「モダンな重いドラムを作りたいけど質感が出ない!」
「ミックスの記事探しても全然出てこない!」
という人がいるかもしれないので、共有できれば幸いです。
といっても、私自身もまだまだ小慣れてきたぐらいなので、意見が貰えたら嬉しいです!

ということで、次回より本格的に内容を書いていきます。
スポンサーサイト
2014/05/04 Sun. 23:02 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/286-4e237b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。