10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

MIDIのオーディオ化 

最近、PCスペック的に無理がきているのか、
作曲用トとして使っているCubaseというソフトがよく強制終了します。

動作が重くなるのは、大抵はVSTやVSTiといわれるプラグインの同時起動が原因です。

打ち込みで音を鳴らす場合、MIDIという楽譜のような機能を持つデータを登録して、
VSTiという「音を出すためのソフト」で、楽譜から実際の音に変換します。
更にそこから、出した音を加工するために何種類かのVSTというソフトで色づけをしていきます。
すると、音をいっぱい出す = 沢山のVSTiを動かす + 更に多くのVSTを動かす
ということになっちゃいます。
画像で見るとこんな感じ。

MIDI

再生ボタンをポチッと押すと、これらがリアルタイムで一斉に動き出すのです。
一番多い時で80種類ぐらい同時に動いてるんじゃないでしょうか。
(DTMやってる人からみたら「センドバス使えよjk」って思われるのでしょうが;)

んで、これを一度オーディオデータに変換する作業をやりました。
やることは3回ぐらいマウスをクリックして変換を待つだけという単純な作業ですが、
いかんせん1つのトラックを変換するのに2分ぐらい掛かる・・・。
そして19トラックあるのでこれを19回繰り返す(;´Д`)
その間に、スカイプで絵師リノンとイラストの経過報告を受けたり雑談しながら、時間を潰してました。
(とても素敵な絵に仕上がってますた。私も頑張らないと。。)

そんなこんなで、ちょっとしたオーディオ書き出しエラーなんかのトラブルを挟みつつ、
1時間ぐらいでオーディオ化作業終了。
こうすると、既に加工後の音になっている(=VST等が全て解放されている)ので、
動作が比較にならないほど早いです。
これを新しく立ち上げたプロジェクトに読み込ませて↓のようになりました。

オーディオ

多少トラックが減ってるのは、ステレオ効果で左右に振り分けしたデータを纏めたりしたからです。
しかしオーディオ化を行うと、もうこのプロジェクト上には楽譜のデータが無いことになります。
楽譜の中身自体を再調整したい場合などは、再度さっきの楽譜があるプロジェクトに戻って、
一々「調整→ 変換→ 読み込み」というちょっと煩雑な過程になります。

Cubaseには、内部でMIDIをオーディオ化して処理を軽くするフリーズという機能があるのですが、
強制終了を何度か繰り返したのが原因か、このプロジェクトではあまり動作が安定しませんでした。

これを行ったということは、作業が大詰めということです。
あとは今までだと、動作が重すぎて追加できなかったエフェクトで音に色付けしたり、整えたりします。
MIDIではないので大きな変更は出来ないですので、ちょっとしたニュアンス付けぐらいです。

あとはピアノの音も少し変更したかったので、
このプロジェクトに、もしかしたらMIDIを1~2本ぐらい差し込むかもしれません。

以上、今日の作業でした。
スポンサーサイト
2011/09/06 Tue. 20:21 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://full1909.blog.fc2.com/tb.php/73-5412b9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。