FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

定番音源を羅列【生音編】 

DTM始めた頃、こんなことを思っていました。
「本格的な音を出したいけど、どれ買ったらいいか分からん°・(ノД`)・°・」
そして辿り着いた方法が、一つずつ「ピアノ VSTi」とか「ピアノ音源について語るスレ」など、
地道に1つずつ覗いて気になる音源を片っ端から調べるという非効率な方法でした。

「詳しいレビューとかいらん。とりあえず定番な音源が知りたい。」
「音は自分でyoutubeで視聴するから代表的な音源名が知りたい。」
って人向けに、自分が知ってる市販音源の名前だけを書き綴っていきます。
音は視聴したり関連するスレで評価が高かったものを挙げていますが、
自分で使ったことないものばかりですので、音や操作感はご自身でggってみてください。

ギター
 ・ELECTRI6ITY(総合ギター音源)
 ・SC Electric Guitar (すごい。いや、すごい)KONTAKT
 ・REAL LPC(レスポール)
 ・REAL STRAT(ストラトだけど何か特殊)
 ・Ilya Efimov(アコギ)KONTAKT

ベース
 ・SR5 Rock Bass (ロックなピック弾きが素敵)KONTAKT
 ・Trilian(定番。万能。スラップ気持ちいいです。)
 ・BASiS(よく知りません)

ドラム(ドラム音源御三家)
 ・Addictive Drums(安い早いうまい)
 ・BFD2(本格的な音)
 ・SUPERIOR DRUMMER(柔軟性が高い)

ピアノ
 ・Synthogy Ivory II(ド定番)
 ・VIENNAImperial(ふつくしい)
 ・EZ KEYS (お手軽お買い得)
 ・ALICIA'S KEYS(うん、アリシアだね)KONTACT
 ・GALAXY VINTAGE D(お手軽キラキラ)KONTACT

オーケストラやストリングス
 ・EWQLSO(オーケストラ定番)
 ・HOLLYWOOD STRINGS(これもEW)
 ・ChamberStrings(高音質らしい)
 ・Session Strings Pro(最近話題)

総合音源
 ・KONTAKT5(最も有名なサンプラー)
 ・Independence Pro 3.0(大容量)
 ・Sample Tank2(フリー版はお世話になりました)

勿論これら以外にも素晴らしい音源は山の様にあります。
(あくまで「ド定番」と呼ばれるもの & 私が知っているものというだけです)
時間があればシンセ編も書く予定です。
あー、書けば書くほど欲しくなるなぁ・・・。
2012/08/13 Mon. 21:33 | trackback: 0 | 本文: 0edit

( ゚∀゚)o彡凸←3Gスイッチ 

DTMを始めてから、ずーっと悩まされていたWindows32bitOSの、とある仕様がありまして。
解決とまでは行かないのですが、ある程度緩和出来たので報告がてら記事にします。

私はWindowsXP32bitを使用しているのですが、以下の様な仕様があります。
「1ソフトにつきメモリのリソースを2GBまでしか割り当てることが出来ない」
(32bitOSはメモリ上限4GBまで認識することが出来ますが、1ソフトでは2GBしか使えない)
しかしDTMで生音のサンプリング音などを使うと大量のリソースが必要になるので、
流石に2GBじゃ全然足りません。
空きメモリが半分以上残っているのにDAWがハングアウトするという悲しい状態・・・。

ところが「3Gスイッチ」なる設定があると知って、すぐさま試してみた次第です。
簡単に言うと「メモリ使用上限値を2GB→3GBに変更する」というもの。
この単語で検索すると設定方法は沢山出てくるのでこのブログでは割愛しますが、
OSのブートに修正を加えるため、間違えるとPCが起動しなくなったり挙動が不安定になったりするので、
くれぐれも自己責任でお願いします。

使ってみた感想なのですが、
使っているベース音源が1.6GBとかメモリを食うので今までは単独でしか起動できなかったのですが、
何とかドラム音源も平行して起動してくれるようになりました。これでリズム体の構築が捗りますねー。
あと、たまーにブルースクリーンでPCが落ちる/(^o^)\ようになりました。
頻度を詳しく書くと、1週間超で2回程度です。まぁ壊れたら壊れたで諦めて64bitPC買う口実にします。

安定した動作を求めるなら、大人しくWindous7Proの64bit辺りでも導入した方が良さそうです。
どうしても32bitOSでDTMをやりたい場合には、すごく助かる小技でした。
2012/06/27 Wed. 22:06 | trackback: 1 | 本文: 0edit

ドラム音源について書く【Addictive Drums】 

使ってるドラム音源についてgdgd書こうと思います。
音源レビューとかこのブログの趣旨と違うと思ってますが、記事ネタが無いので許してください。
私自身、使用暦も長くないはですし、ドラムはちょこっと叩ける程度、
本末転倒な話ですがDTM自体そんなに詳しいわけじゃないので、独り言程度に捉えてください。

Addictive Drums(よくADとか略します)っていう音源を使ってます。
こんな音です。(リンク先:youtube)
使用暦は9ヶ月ぐらい。持ってるのは基本キットと拡張キット1つ。
2作目の制作終盤ぐらいに購入し、それ以降はずっと使ってます。
特に2作目は急遽Cubase付属音源から差し替えただけですので、今聴くと恥ずかしいリズムパターンです。。。

ボカロ関係で使ってると思われる得に有名なPさんは → keenoさん164さん、昔のゆよゆっぺさんなどでしょうか。
あくまで聴いた感じなのでソースとかありません。間違ってたらごめんなさい。
最近のゆよゆっぺさんはBDF2っぽい音のような気がします。

【気に入っている点】
・安い (ドラム音源御三家である「BDF2」「SD2.0」「AD」の中では比較的、って話です)
・基本的な音は大体入ってるので困ることはそんなに無い (いざとなったら拡張パック)
・かなり作りこんである音
・手軽にかっこいい音がすぐ出る
・動作がかなり軽い
・操作がシンプルで使いやすい

【注意したい点】
・細かい音作りには向いてない
・内蔵エフェクトは結構ざっくりしてる
・タムの音が違和感がある(個人的に思ってるだけです)
・ハイハットのセミオープンとか、もうちょっとバリエーション入っててもいいんじゃないかと思う
・どんなに調整してもAddictive Drumsの音だとバレる (作り込まれ過ぎている音ゆえ)

総評すると、
「ドラムの音作りをよく知らなくてもいい音が出る」
「最初の音作りに時間掛けなくていいので制作のモチベーション維持に最適」
「ドラムかじってる人間からすると、ちと物足りないかも」
って感じです。

音質の面を書くとするならば、「派手」の一言に尽きると思います。
特に金物系の音色が個人的に気に入ってます。音色が派手な割りに馴染んでくれます。
一方、タムの音がやたら音像が丸いです。「ほら!ここにタムありますよ!」って感じの主張が激しい。
個人的には「スタジオでこんな丸いタム聴いたことねぇよ」って感じです。
別音源で他に気に入ったタムの音があるなら、そこだけ差し替えるというのも1つの手段かもしれませんが、
ルーム音とかアンビエンスの調整がすごくシビアになるはずです。
いくらデフォで音作りがされているとしても、労力的に考えると別の音源使った方がいいような気がします。

某巨大掲示板の音源スレとか覗いてみると、
「AD音バレ恥ずかしいから使いたくない」とかよく拝見しますが
DTMer以外には普通分かりませんし、音さえ気に入ってるのであれば気にすることは無いと思ってます。
DTMerに向けた楽曲制作を行っているのであれば別の話ですが。。。
まぁ正直、使ってる人間だとアニメ「けい○ん」の1期EDとかを聴くと「ちょwアディクティブwww」ってなったりしますw
でもあれを聴いて「打ち込みだから萎えるよねー」なんていう知り合いは1人もいないのも事実です。

また、Cubaseを使っている方は良く分かると思いますが、Cubase付属のドラム音源(特に生音系)はかなり貧弱です。
音源を新たに買い足そうとする場合は真っ先にドラム音源が候補に挙がると思いますが、
「安い・手軽・本格的」という需要を満たした音源だと思います。
特にDTMを始め、初めてドラム音源を増やしたいと思う時期は、他に覚えたいことも沢山ある時期なので、
「手っ取り早くカッコいい音を出せて無駄に時間を浪費しないこと」はかなりのアドバンテージです。

体験版もあるみたいなので気になった方はインストールしてみるといいかもしれません。
使ったこと無いので分からないのですが、確か体験版制限が
「バスドラ、スネア、ハット、シンバル各1つずつのみ」って感じだったと思います。
特に使用期限などは設けられていなかったと思います。
2012/06/19 Tue. 20:33 | trackback: 1 | 本文: 2edit

昨日の記事を音声サンプルで補足 

昨日のUTAUのベタ打ち記事ですが、その時に耳コピした音源を掲載します。

ボーカルメロディをコピーした曲はこちら。

どうやら全パート打ち込みの様です。
ゴリゴリのバンドサウンドに、歌詞のニュアンスがとても小気味いい曲。
それにしてもギターの打ち込み綺麗で勉強になるなぁ。がんばろう。


んで、こっちがV3Eでベタ打ちしたもの。
【カバー】RE-OVERDOSE 【ボカロ6人】
そのままウチのボカロさんに歌ってもらっても面白くないので、ボカロ6ライブラリ分使用。
持ってないライブラリは知り合いにVSQXを渡して出力をお願いしました。感謝。

改めて思ったのは、それぞれのライブラリに含まれるアンビエンス(空気感)が違うこと。
やたら部屋鳴りが効いてる声もあれば、マイクから直で出ているような声もありました。
そこをちょっと加工して全員が同じ距離で歌っているようにしてあげないと、
一体感みたいなものが出ないというか、バラけて歌っているような印象でした。
特にこれに時間割く理由も無いので、今回は簡易的な調整だけで留めてます。

使用しているボカロ6種を判別出切れば立派なボカロ耳だと思います。
それぞれの声は2回以上ソロパートあるので、予想してみると面白いかもです。
ちなみにGENやフォルマントといった、声のキャラ調整は行ってません。
ライブラリの素のままです。(アペンド的な拡張ライブラリは使ってます。)
結構メジャーどころのボカロばかりなので、分かる人は是非コメント欄まで!(しかし誰も書かない)


次に、上記のボカロベタ打ちデータを、前回の記事通りにUTAUに移植したもの。
【カバー】RE-OVERDOSE【破壊音マイコ】
破壊音マイコさんかっこいいよ!( ゚д゚ )カッ
デスボだと参考にならないような気もしますが、
ちゃんと歌詞とタイミングはばっちりだったので勘弁してください。
いつかデスメタルでも作る時にこれを使ってみたいなぁ。

以上、前回記事の補足でした。
-- 続きを読む --
2012/06/11 Mon. 22:03 | trackback: 1 | 本文: 2edit

自分なりのUTAU打ち込み(ベタ打ちまで) 

ちょっと友人がUTAUで面白そうなことやってみてるので首突っ込んでみた。

そこでちょっとお手伝いをしようとUTAUの歌唱データ(.ustデータ)を作ろうとしたんですが、
UTAUはMIDIがとても打ち辛い。

本気で挫折しかけました。
よくよく見てみるとMIDIデータ読み込めるみたいで、
「なるほど、MIDI打ってUTAUに読み込ませればいいのかー♪」とか思っていざ読み込ませたのですが、
歌詞の打ち込みもとても面倒くさい。

更に調べてみると、どうやらボカロの歌唱データ(.vsqデータ)だと歌詞まで読み込めるらしい。
しかし更に問題が。
ボカロエディタ3だと.vsqxだから読み込めない・・・(;´Д`)

ってことで、自分なりにやりやすかった「ボカロ3エディタ使用者における楽なUTAUデータ制作方法」紹介。


【用意するもの】
・MIDIシーケンサ(dominoとか。使い慣れたDAWでもいい。)
・Vocaloid3Editor(以下、V3E)
・Vocaloid2Editor(以下、V2E)
・はちゅねのないしょプラグイン「importV3」
・UTAU

【手順】
1. MIDIシーケンサでMIDIデータを打ち込んで「.mid」で吐き出す。
2. 上記で作成したMIDIをV3Eに読み込み。
3. 「歌詞の流し込み」で一気に歌詞入力。V3Eなので当然「.vsqx」形式で保存される。
4. はちゅねのないしょプラグインの「ImportV3」を、V2Eで上記の「.vsqx」を読み込む。
5. V2Eで保存すると当然「.vsq」形式で保存される。
6. UTAUで上記VSQを読み込む。

【その他ケース対処法】
・MIDIシーケンサ使ったことありません。
 →頑張ってボカロエディタで打ち込む。
 (ボカロエディタはMIDI打ち込み機能がしょぼいのでちょっとツライ)

・V2Eしか持ってないお。
 →手順5.から始めればおk。
 (上記でV3Eを通してる理由は、トラックコピペとかコーラス作成がV3の方がやり易いから)

・V3Eは持ってるけど、V2Eとか古臭いの持ってないっす。
 →「Cadencii_v3.5.1」ってソフトなら、VSQX→USTに一気に変換出来る(らしい)。
 (自分の場合、UTAUで読み込む時に何故かエラー吐いた)

・そもそもボカロ持ってないお(^ω^)
 →「Cadencii_v3.5.1」ってソフトな(ry

・はちゅねのないしょって何?
 →V2E使用者なら、ggると幸せになれる。

以上です。
ベタ打ちまでとなりますが、UTAUの細かい調声方法は守備範囲外なので分かりません。
2012/06/10 Sun. 23:54 | trackback: 0 | 本文: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。