07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

BackStage -ボカロで作曲を目指すブログ-

何を血迷ったか、突発的にDTMを始めてしまった人間の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

Cubaseにおけるドラムトリガーのミックス【作業編】 

前回の続きです。海外エンジニアの作業動画を見てみると、
ドラムを「より太く」「より派手」にするためにはトリガー音が必要ということが分かりました。

今回のようにMIDIで再生するドラム音源を使っていて、
それにトリガーを置きたい場合、この記事の方法よりもっと簡単な方法があります。

それは、
「コピーしたMIDIトラック」を作って「トリガー音をアサインしたサンプラー」を使う 、という方法です。
あえて今回この方法を使わない理由としては、
1.位相の管理がし難い
2.生ドラムをレコーディングした場合のミックスには使えない

からです。位相については後程詳しく掘り下げていきます。





①元となるドラムデータの用意

では早速作業に入るのですが、ドラムを打ち込まないことには始まりません。
今回はリファレンス楽曲にアニソンを選んでみました。
理由としては色んな種類の叩き方を行っているので、テストになるかなぁと。
          (↑「ルーディメンツ」でggるとドラム打ち込みの参考になります)
んで、打ち込んでみたのが下の図。
Triger01

音作りはこんな感じにやってみました。
トリガーを後で足すからと言って、ここで適当な音作りをしてしまうと
どう頑張ってもショボイ音にしかならないので、気合入れてプリセットを1から作ってみました。
丸々2日掛かりました。。。
ぼくがかんがえたさいきょうのどらむぷりせっと

TMboxの特性なのか、音圧上げると低音がモニョモニョする気がする。。。
これで下準備は整ったので、いよいよトリガーを置いていく作業に入ります。


②元音源の波形書き出し

まずは、トリガーを重ねたいドラムピースの波形を抜き出します。
今回は定番のスネアを選んでみます。
実際にレコーディングした音源であれば、スネアマイクのトラックを使うのですが、
それをドラム音源で疑似的に作ってあげます。
ドラム音源内のスネアにのみソロボタンを押すトラックもソロボタンを押す等して、
スネアだけが鳴る様な状態にします。
そのままオーディオミックスダウンを行い、波形にします。
そして、それをもう一度DAWに取り込みます。
Cubaseだと書き出し画面で「プロジェクトに読み込む→オーディオトラック」だと1発です。
Triger02
スネアの綴り間違ってるけど(゚ε゚)キニシナイ!!


③マーカー設置

次に、スネアを叩いたタイミングの場所すべてにマーカーを設置します。
これを手作業でやると、気が遠くなる程しんどいので、
Cubaseのお手軽機能「ヒットポイントからマーカーを作成」を使って一気にやります。
コマンドは↓の場所にあります。
Triger03

すると↓の様にマーカーがビッシリできるはずです。
Triger04
マーカーが正しい場所に設置されない場合は、ヒットポイント検出の調整が必要です。
これも結構簡単なので、オペレーションマニュアルを参考にして下さい。


④トリガーの用意とチェック

ここで今回の主役である「トリガー音」を読み込みます。
ドラムのワンショット素材はCubaseのMediaBayにも大量に入っていますし、
ネット上にフリー音源もあったりしますので、好みの音を選びます。
そしてトリガー用のトラックの適当なところに置いておきます。
Triger05
この波形に低、音を倍増するエフェクトやリバーブなど掛けてこんな音にしました。
スネアに深さとガッツを付けるというを魂胆です(`・ω・´)







ちなみに、何故MIDIデータ+サンプラーを使わずに波形で行ったのかというと、
逆位相による音質劣化を防ぐためです。
「書き出した本来の音」と「トリガー音」を並べてみて、位相をチェックしてみてください。
Triger10
今回はまだ許容範囲なので、大丈夫そうですが、
ここで、もし大きくズレている場合は「位相の反転」や「前後に数msecズラす」といった処理を行ってください。
でないと中域がスカスカだったり、ノイズが入ったりといった逆位相サウンドになります。


⑤マクロの設定

ここからは、ちょっと面倒なマクロの設定作業に入ります。
(1度設定するとそれ以降は不要ですし、作業効率がグンと上がります)
今回組むマクロは「連続したマーカー上に、任意のデータをどんどん貼り付けていく」というものです。

まずはマクロを組むショートカット編集画面を開きます。場所は↓です。
Triger06

以下の順番に設定していけば大丈夫です。
 1.「新規マクロ」をクリック → そのマクロに任意の名前を付ける
 2.コマンドウィンドウから「トランスポート」→「カーソル位置を次のマーカーに設定」を選択
 3.「コマンドの追加」をクリック
 4.コマンドウィンドウから「編集」→「貼り付け」を選択
 5.「コマンドの追加」をクリック
 6.コマンドウィンドウから「マクロ」 → 上記で作成したマクロを選択
 7.「キーを入力」の下枠をクリック → 任意のショートカットボタンを押す
                   (私は「Ctrl」+「 .」にしました)
 8.「キーを入力」の上方にある「適用」をクリック
 9.「OK」をクリックして編集完了、ウィンドウが閉じます
Triger07

これでマクロの設定は終わりです。新しいプロジェクトでも設定は生きているので、
Cubaseを再インストールとかしないかぎり、2度と設定しなくても大丈夫です。


⑥トリガーを並べる

それでは、いよいよトリガー音を置いていきましょう。
まずは「Ctrl」+「C」でトリガー音をコピー
Triger08

そしてさっきのマクロで設定したキーを押しっぱなしにすると・・・



Triger09
あっという間に貼り付け終了です^q^

あと残りのバスドラやタムも、
1.波形書き出し
2.ヒットポイントからマーカー作成
3.マクロ実行
で、すぐ終わっちゃいます。
「よーしパパ、スネアに4つトリガー重ねちゃうぞー」なんて場合も1分で終わります。


⑦仕上げ

そしてトリガー音もEQやらコンプやらリバーブやら使って、ミックスすれば完成です。

さっきの音源にスネア×2バスドア×2タムそれぞれ×1を追加し、以下の様になりました。


スネアやバスドラに馬力が出て、芯が太い音になった気がします。
また、全体的に帯域が埋まりました。
トリガー無しと比べてどっちが好きかは、好みにもよると思いますががが。
もっと極端なトリガー音を使えば、正にメタル!って音になります。
今回は色んな曲調に応用できる程度に抑えてます(´・ω・`)


⑧まとめ
このような感じで、元のバスドラに違う性質のバスドラを足して変化を付けたり、
電子ドラムの効果音をレイヤーして新しい音を作るのも楽しいと思います。

「別の音をトリガーとして重ねると音抜け良くなりそう」っていうのは頭の中でイメージは付くのですが、
実際にやるとすごく労力が掛かるので躊躇していました。
今回のこの手法を使うことで、大分解消できるようになりました。

これを一緒に考えた友人が、
「自分たちと同じように困っている人がいるかもしれないので、ブログで書いてみたらどうですか?」
と言ってくれました。
普通はこういう制作手法の引き出しは、人に教えないのがセオリーかもしれませんが、
その考えに共感して、久々にブログを書いた次第です。

この記事が誰かの手助けになれたら幸いです。
2014/05/05 Mon. 20:00 | trackback: 0 | 本文: 0edit

Cubaseにおけるドラムトリガーのミックス【前置き編】 

暇ができたらブログを更新しよっかなー♪と思っていたら4か月経っていました。Full(old)です。
サボり癖がついてしまうとすぐに書かなくなっています(´・ω・`)
なので空いた時間を取り戻すべく、ちょっと長文の記事を書いてみようかと思ってます。

今回はドラムのミックスについてちょっとマニアックなネタです。

以前よりメタルやコアなどの重いドラムを作ってみたいなーと思っていたのですが、
いざドラムの音作りをしてみると何か味気ない感じになってました。
スネアが\ドコーン/って鳴って、バスドラが\ベチーン/みたいな特有の「あの音」にならないのです。
EQやらコンプやら試行錯誤しても上手くいかず諦めてました。。。

んで話変わって、先月ぐらいにミックスの勉強をしてみようかと思い、
知人に参考になるものを色々と教えて貰い、コア系ミックスのハウツー動画を見ていました。
海外の動画だったのですが、私は恥ずかしいレベルで英語が苦手なのでサッパリです。
映像と音の変化のみを頼りに必死に追いかけてました。
そんな事情も構いもせず、すごい勢いでテキパキと音を処理していくイケメン白人兄ちゃん。
以前より気になっていたドラムミックスの場面に差し掛かっても、その速度はまったく落ちません。
数分後にはいい感じに音がまとまってきたのですが、イマイチ派手さが足りません。
「あれ?今回は大人し目なのかな」と思っていた矢先、

( ´_ゝ`)「Let's paste sampling sound.」

思いっきりトリガー使っとるやんけ!(゚Д゚) と今更ながらに気付いたFull(old)でした。

トリガーとは・・・
ドラムのバスドラやスネアやタムに取り付け、振動をキャッチする機材。
その振動を電気信号として音源モジュールに送り、サンプリング音源を再生する。
簡単にいうと「生ドラム叩いたら電子ドラムの音も一緒に出て(゚Д゚)ウマー」ってなる装置。


その動画ではDAWはProToolsを使っており、サクサクと作業を進めていました。
「これCubaseで出来たら楽だろうなー」と一念発起し、
友人と一緒にあれこれ考え、その方法に似た手法を再現することができたので、
このブログに書いていこうと思います。

多分自分がそうだったように、
「モダンな重いドラムを作りたいけど質感が出ない!」
「ミックスの記事探しても全然出てこない!」
という人がいるかもしれないので、共有できれば幸いです。
といっても、私自身もまだまだ小慣れてきたぐらいなので、意見が貰えたら嬉しいです!

ということで、次回より本格的に内容を書いていきます。
2014/05/04 Sun. 23:02 | trackback: 0 | 本文: 0edit

今年もお世話になりました。 

ここ半年ほどてんやわんやでまったくブログ更新できておりません。
ご無沙汰しております。Full(Old)でございます。

年の瀬ということで帰省してやる事なく暇なので
今年のDTMについて振り返りたいと思います。

私用でまったくPCを触れない時期と、一気に曲作った時期の差が激しい1年でした。
振り返ってみれば作ったのは約15曲程度。以下内訳。
歌入り  …6曲(ボカロ系)
インスト …4曲(ゲーム用)
リミックス…2曲(艦これ)
アレンジ …3曲(コラボ)

仕事で家を空けることが多い為、開いてる時間は限られてましたが、
個人的な主観で見れば良くやれた方かなと思います。
この内、ネット上に公開したのは3曲。一番最近のだと↓です。


艦これ人気の後押しと、kgrさんのお力添えのお陰で1万再生突破。
本当にありがとうございました。
作ったモノについては今まで通り、あまり私情を書きたくないので割愛しますが、
一言で言えば「もっと自分ががんばらないとなー」という気持ちが一番強いです。
この動画に関して言えばアレンジというかカバー物ですが、オリジナルに関しても
来年はもっといい音・いい音色を作らなければと痛感している次第です。

公開したオリジナル作品は「夜明け前コーヒープラネット」と「トラウムリヒト」の2曲。
少ないですね。ごめんなさい。
SACRiも来年は力を入れていきたいです。

それと今年初めて挑戦したことと言えば、本格的にインスト曲を作ったということ。
2曲に関しては、知り合いの自主制作ゲーム「ゆうぐれ、よなか、あしたのあさひ」の
OP曲とEDテーマとして提供させて頂きました。
こういう経験も非常に貴重で勉強になりました。本当にありがとうございました。



そして話は変わるのですが、昨日ちょっとしたトラブルがありまして、
HDD内のデータが全て吹っ飛びました/(^o^)\
Cubaseのプロジェクト(今までの作曲データ約70曲分)を始め、
各種環境情報やプリセット設定まで、DTMやってきた個人資産のほぼ全てが喪失。
えぇ、ちょっとしたどころか大惨事です。
事の経緯を言えば、

年末だしPCの大掃除するぞー(`・ω・´)

旧HDDから外付けHDDにデータ移植

オワター。旧HDDのフォーマット開始ポチー。

「ピロンピロン」 「ア、デンワダー」ガサゴソ

\ガシャーン/(外付けHDDが高さ15cmから転落)

データフットンダ(´;ω;`)

…という一瞬の出来事で、DTMを始めてから2年半の全てを失いました。

といってもそこまで気落ちしてなかったりします。
かなり昔に作ったプリセットを使い回していて、最近はマンネリ感があったので、
ここいらで心機一転。0からスタートするのもアリかなーと。
ポジティブに自己暗示を掛けなきゃやってられませんしね。

問題なのは、人から、任せて貰っている作業や依頼物に関してなのですが、
年明けにでもそれぞれ個別にご連絡を取って対応させて頂くことになりそうです。
そこまで深刻な状況の物も無いので大丈夫だとは思いますが。

来年の目下の目標として、個人と共同制作のオリジナル制作、進行中しているアレンジ曲からになりそうです。
その前にDTM環境の再構築から始めないと…。

あとはブログについても書きたいことがちょこちょこあるので、
月1ぐらいは更新したいと思います。

それでは近況報告はこれぐらいにして、年越しを迎えようと思います。
確定した予定はまったく無いですが、来年もやること満載で今からとても楽しみです。

それでは良いお年を。今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします(・∀・)
2013/12/31 Tue. 20:30 | trackback: 0 | 本文: 0edit

去年耳コピした曲を再ミックス 

今年の夏は暑かったですねー。平日は各地を転々としているので例年よりちょっと焼けてしまいました。
そんな8月も終わり、今月は3連休が2回もあるのでDTMをする時間が取れそうで楽しみです(´ω`*)
一昔前までは暇さえあればゲームばかりしていたのですが、
DTMを始めてからというもの、自分の中で時間配分の優先順位が変わったみたいです。

最近はめっきりやらなくなったゲームですが、
好きなシリーズにARMORED COREというゲームがあります。(音楽がすごく素敵なのです)

先日、PCのデータ整理をしていたところ、去年のちょうど今頃に耳コピした音源を発掘しました。
そのARMORED COREシリーズで使われている「9」という楽曲なのですが、
今月末に最新作のACVDが発売されるということもあり、聴き直してみたくなりました。
勝手にアレンジしているので、原曲ファンの人はごめんなさい(´・ω・`)


Full(old):【コピー】 9 【アーマードコア】


当時はこれが精一杯だったのですが、今となってみると、
「音同士の統一感が無いなー」とか「帯域ごとにメリハリが無いなー」だとか、
モヤモヤと思う所が多々あったのでミックスを再度やり直してみました。


Full(old):【コピー】 9 【アーマードコア】2013ver


使用している音源自体はまったく同一のもので、
使っているエフェクトの種類もほぼ同じですが設定を再調整しています。
特にドラム周りはエフェクターの設定を大幅に見直して、
以前よりも疾走感と飽和感を出すことに心掛けてみました。
特にスネアは「スコーンッ!」と抜けた音にしてみたのですが、結構大胆に変わった気がします。

その他にも、各楽器の帯域が被っていたところを再整理したり、
ミキサーのルーティング(音の信号を処理する順番)を見直したりすることで、
全体の統一感を出そうとしてみたり、音圧を上げることができました。

ミックスが上手くなったかどうかは、客観的には判断できないので分かりませんが、
自分の好みには出来たので良しとします。

こうやって、たまには昔の音源をやり直してみるのもアリかなと思った今日この頃でした。
2013/09/09 Mon. 23:30 | trackback: 0 | 本文: 0edit

DTM入門にお勧めなフリーソフト【2013年版】 

前回の記事から早2年。
あの記事が原因でGoogle先生に目を付けられ、アクセス数が恐ろしいことになりました。
しかし、2年経った現在では64bitパソコン(Windows7など)が主流となり状況に変化が見られます。
コメント欄で頂いた声でも、過去の記事に書いた
「Reaper Ver0.999」などを使える環境の人も減ってきたみたいです。
今はちょうど夏休みの時期ですし、この機会に「DTMを始めたい!」っていう人も多そうな気がします。

という訳で、2013年7月現在の「無料で出来るDTMソフト」の紹介をしたいと思います。
記事中に登場するDAWとかVSTとか、用語については前回の記事に解説を載せております。
この記事を読んだ後の方が分かり易いと思うので、よろしければ先にそちらをお目通し下さい。
また、基本的にWindows環境を前提で書いています。Macの人ごめんなさい(´・ω・`)

それでは長文ですが、よろしくお願いします。
以下、「続きを読む」より。
-- 続きを読む --
2013/07/29 Mon. 00:00 | trackback: 0 | 本文: 2edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。